カミセツ KAMISETSU.com

美容師が髪悩みを解説する専門サイト

髪型

絶壁解消!頭の形を綺麗に見せるショートの作り方!

投稿日:2021年1月18日 更新日:

絶壁が気になって、なりたいショートヘアにできない。

ふんわりショートに憧れているけれど、私に似合うかな?

そんな悩み抱えていませんか。

今回は東京で活躍する美容師、藤川げんきさんの監修のもと、絶壁を解消するショートヘアの作り方を解説します。

>>藤川げんき公式Instagram

絶壁を解消するショートヘアの作り方

絶壁を解消してふんわり可愛らしいショートにするには、お客様の骨格と髪質を考慮して、後頭部を丸くするかっとが必要です。

藤川:カット前の写真を見てみましょう。後頭部がぺたんこで、全体的にボリュームが多い髪質です。

サイドの適度なくせ毛は活かしつつ、襟足の強めのくせ毛は短くカットすることでスッキリさせます。

襟足を短くして、後頭部に丸みを持たせることで、絶壁をカバーできます。

ボリュームが多いから頭が丸く見えるとは限りません。いくら元々の髪質がボリュームが出やすいと言っても、髪型の全体デザインを整えなければ絶壁はカバーできません。

そして、ふんわりとセットするにはスタイリング剤が必要です。

女性であれば、ベタつかず、程よい艶の出るオーガニックヘアバームがおすすめです。

>>ショートにおすすめ!キープ力のあるオーガニックワックス

 

ロングよりショートの方が絶壁を解消できる

絶壁を解消するにはロングヘアよりもショートヘア、ショートボブがおすすめです。

なぜなら、後頭部に丸みを作りやすいから。これにつきます。

カット前、ブリーチ毛で傷んでいましたので、まずは黒染めをしてダメージによるパサつきを目立たなくします。

 

 

普段あまりスタイリングしない方の場合は、丸みのあるショートボブは後頭部の絶壁をカバーするのにおすすめな髪型です。

襟足以外はあまり毛量を減らさずに長さだけ切ります。小さな段差をつけて髪の毛の積み重ねで丸みを作るイメージです。

普段アイロンを使ったり、ワックスを使って毛先を動かしたい方は、トップの毛量はパサつきが出ない程度に毛量をスキます。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

今回は、絶壁解消、頭の形を綺麗に見せるショートの作り方について美容師の藤川げんきさんの監修のもと解説いたしました。

絶壁を解消するポイントをまとめると、

・ロングよりもショート、ショートボブで後頭部に丸みを出す

・毛量が多くてもデザインを考慮して軽くする必要がある

以上です。

この記事が素敵なショートヘアになるきっかけになれば嬉しいです!

 

>>担当美容師:藤川げんきの公式Instagram

ご予約メッセージの際は「カミセツを見て」とお願いします。

-髪型
-, ,

監修者:

関連記事

くせ毛だから似合うカラーってどんな色?美容師が紹介します

くせ毛だから似合うカラーってどんな色?美容師が紹介します

髪の色を変えると、見た目の印象だけではなく手軽に気分転換できるもの。 色を薄くすることで気持ちも見た目も軽やかになりますよね。 くせ毛のお客さんからもヘアカラーを入れたいとご相談いただきます。 中でも …

ヘアセットに使うスタイリング剤、それぞれの特徴・おすすめのポイント

ヘアセットに使うスタイリング剤、それぞれの特徴・おすすめのポイント

ヘアセットってどんなのがあるんだろう、何を使えばできるの? そんな疑問を抱えているあなたのために、今回は美容師がヘアセットに使うスタイリング剤の特徴・それぞれのおすすめポイントをご紹介します。 ヘアセ …

人気のハンサムショートについて!美容師が注意点とポイントを解説!

20代女性に上昇中のハンサムショート。 ハンサムショートとはちょっと色気のあるメンズライクなショートヘアのこと。 そんなハンサムショートのポイントを美容師であり、Krone代表白井さんに解説していただ …

シャンプーは市販品と美容師・サロンのおすすめ、どちらが良い?

髪型探し、自分に似合うヘアスタイルはどれ?最新の流行と一緒にご紹介

ヘアスタイルの種類は豊富。 髪の長さや性別ごと、またパーマやヘアカラーなど、髪型のアレンジは無限大。 今回は、美容師がおすすめの髪型を詳しく解説していきます。 「自分にどんな髪型が似合うのか?」 とい …

美容師監修の洗い流さないトリートメントはお客様の悩みにピンポイントに働きかける

美容師がくせ毛に悩むあなたにどうしても伝えたいことをまとめました

「くせ毛でやりたい髪にできない」 「強いくせ毛でいつも髪を結んでいる」 「朝のセットが大変」 くせ毛のあなた、こんなお悩みありませんか? 美容室でカットをお願いしても仕上がりが希望の髪型と違うのはいつ …